【PDF版 / 無料サンプル版】誰も知らないエンドポイント 〜Web API編〜

【PDF版 / 無料サンプル版】誰も知らないエンドポイント 〜Web API編〜

【超豪華 第2章までの22ページを無料公開!】 叩くのは君のエンドポイントか、それとも心か―― ――“自らの知識やスキルをWeb APIとして公開する高校“で、僕は彼女に出会った。 「君だけだよ。この学校でWeb APIを公開していないのは。だから気になる。君がどんな人で、どんなWeb APIを公開するのか。君のことが知りたい」 HTTPステータスコードに込められた想い。 こじれていくふたりの関係。 果たして、君のエンドポイントは叩けるのか? 大人になってしまった全人類に告ぐ―― 青春はまだ終わっていない 【あらすじ】 とある高校の情報科Web専攻に編入してきた2年生の大島大地は、1年時の授業の遅れを取り戻すため夏期講習にひとり参加していた。 その後偶然の理由で、夏期講習初日に出会った『彼女』から夏期講習を受けることになった大地は、次第に『彼女』のWebへの想いと、彼女の心<エンドポイント>に触れていく。 『君だけだよ……わたしの裏仕様を叩いたのは』 『そのエンドポイントは見つけても叩いちゃだめだった』 ”戻れないあの頃”に悶えよ!青春Web系ラブコメ決定版! 【目次】 1章 プロローグ 2章 GETリクエスト はじまりはクリームパン   夏期講習:GETリクエスト 3章 POSTリクエスト    202 Accepted    200 OK    夏期講習:POSTリクエスト 4章 レートリミット    429 Too Many Requests    301 Moved Permanently 5章 エピローグ    100 Continue

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

【超豪華 第2章までの22ページを無料公開!】 叩くのは君のエンドポイントか、それとも心か―― ――“自らの知識やスキルをWeb APIとして公開する高校“で、僕は彼女に出会った。 「君だけだよ。この学校でWeb APIを公開していないのは。だから気になる。君がどんな人で、どんなWeb APIを公開するのか。君のことが知りたい」 HTTPステータスコードに込められた想い。 こじれていくふたりの関係。 果たして、君のエンドポイントは叩けるのか? 大人になってしまった全人類に告ぐ―― 青春はまだ終わっていない 【あらすじ】 とある高校の情報科Web専攻に編入してきた2年生の大島大地は、1年時の授業の遅れを取り戻すため夏期講習にひとり参加していた。 その後偶然の理由で、夏期講習初日に出会った『彼女』から夏期講習を受けることになった大地は、次第に『彼女』のWebへの想いと、彼女の心<エンドポイント>に触れていく。 『君だけだよ……わたしの裏仕様を叩いたのは』 『そのエンドポイントは見つけても叩いちゃだめだった』 ”戻れないあの頃”に悶えよ!青春Web系ラブコメ決定版! 【目次】 1章 プロローグ 2章 GETリクエスト はじまりはクリームパン   夏期講習:GETリクエスト 3章 POSTリクエスト    202 Accepted    200 OK    夏期講習:POSTリクエスト 4章 レートリミット    429 Too Many Requests    301 Moved Permanently 5章 エピローグ    100 Continue